息子の身長がついに100cm!

今日は息子の幼稚園で身体測定がありました。

息子は朝から張り切って、「しんちょうをのばすために、ぎゅうにゅうをのまなきゃ!」と、いつもは飲まない牛乳をガブ飲みしてから幼稚園に行きました(笑)息子よ、残念だけど今から飲んでも数時間で身長は伸びないよ…!

しかし息子が張り切るのにはちょっとした理由があるのです。うちの子が通っている園では毎月必ず身長と体重を計ってくれるのですが、我が息子はクラスの中ではかなりおチビちゃんな方。4月生まれなのにもかかわらず、20人くらいいるクラスメイトの中でも前から2~3番目くらいでしょうか。年中さんなので、もうほとんどの子は身長が100cmを越えているのですが、息子は99cmからなかなか伸びず、半年近く99cm台をキープしていたのでした。

息子は周りの子達がみんな100cm越えをしているのが羨ましくて仕方ないらしく、毎月身体測定の日になると、今度こそ100cmに届いているかとドキドキしては、夢破れて落ち込む、というのをかれこれ半年ほど繰り返していたのです。どうやら、クラスの好きな女の子も最近100cmを越えて、男としてのプライドも密かに傷ついているようです。幼稚園児でも身長とか気にするのね、とちょっと笑いそうになりましたが、本人の顔が深刻過ぎて、すんでのところで笑いをこらえました。

ちなみに先月測った時の結果は99.8cm。というわけで、今月こそは100cm越えを狙って、いつも以上に気合いが入っていたわけなのでした。

そして午後、幼稚園バスから降りてきた息子が私に開口一番言ったのが、「おかあさん!ぼく、1メートルになったよー!」という喜びの叫び。私も思わず嬉しくなって、その場で一緒にぴょんぴょん飛び跳ねてしまいました。(思い返すと先生や運転手さんもいたのでかなり恥ずかしい…)。だって今まで毎月、今回こそ届いたかと思えばやっぱりダメ…という挫折を味わってがっかりした息子を見ていたので、ついにやったぞ!と、まるで何年も浪人してやっと東大に受かった息子の母みたいな気持ちになってしまったのですよ。やったね息子!これで好きな女の子にも堂々と告白できるね!するのか知らないけど。

息子が誇らしげに見せてくれた身体測定票には、身長100.1cmの文字と、その横に「ついにやったね!おめでとう!」という先生からのメッセージがありました。きっと先生も毎月、がっかりする息子を見て気にかけてくださっていたのかと思うと、なんだかとってもありがたいなあと感じました。

産まれた時は50cmくらいだった息子が、5歳の今100cmになって。これから5年後、10年後にはどのくらいになってるのかな。私の身長も追い越す日が来るんだろうな、と思うと、今の小さな息子がなんだかたまらなく愛しくなり、1日1日を大切に過ごさなくちゃな、という気持ちがより強くなりました。