月別アーカイブ: 2017年3月

子供の身長の伸びは人それぞれ

我が子は、生まれたときから小さな赤ちゃんでした。

それでも一~二、三歳までは至って標準だったのですが、まただんだんと小柄になっていったんです。

幼稚園でも、クラスの中で前から一、二番くらいで身長が低かったです。

でも病的なほどではないと思ったので、病院などで相談することはありませんでした。

一方で、他の身長が低いお子さんを持つお母さんは、とても心配していました。

健診以外でも、風邪などで病院に行くたびに、医師に相談していると話していました。

我が子に対しても、病院で相談したほうがいいんじゃないの?なんてアドバイスをくれたりもしていました。

けれど、私は全く心配していませんでした。

なぜ私が全く心配していなかったかと言うと、自分自身の経験からです。

私自身、赤ちゃんのころこそ大きめだったものの、だんだん小柄になっていったんです。

中学卒業近くなるまで、クラスで一番小さい状態が続きました。

けれどその後、身長は急激に伸びて、現在は日本女性の標準身長ぴったりになったんです。

その経験があるので、我が子もそのうちそれなりに身長は伸びるだろう、という希望的観測があるんですよね。

しかも、時代の違いもあるでしょうが、私が子供のころよりも我が子のほうがだいぶ大きいんです。

ちなみに、子供のころ私よりも小さかった実母は、150センチ強と現在もやや小柄なままです。

ただそれこそ戦後なので、時代が違いすぎてあまり参考にならないかもしれませんけどね。

現在子供は小学校低学年ですが、身長は学年で前から四番目ほどだったと思います。

小柄なのは間違いないんですが、身長の伸びはそれほど悪くはないと思っています。

ネットで調べてみたところ、この年齢の女の子の平均身長は、約125センチだということでした。

我が子は120センチ強程度なので、やはり少し小さめではありますが、許容範囲ではないかと考えています。

また、早生まれかそうでないのかというところも、判断材料になるかと思います。

我が子は早生まれなので、他の子より多少小さくても当たり前かなと思う部分もありますね。

身長の伸びは、本当に個人差が大きいと思います。

他の子や自分が最終的に大丈夫だったからといって、我が子も大丈夫だとは限らないのはわかっています。

ただ、ひとつ言えるのは、その子なりに毎年ある程度身長が伸びていれば大丈夫じゃないかな、ということです。

身長の伸びが停滞するようになってきたり、あまりにも標準ラインから値がはみ出て下回ってきたりした場合は、病院で相談したほうがいいかもしれませんね。

牛乳と身長の伸びは関係ないのか?

我が家の子どもはみんな牛乳が大好きです。小さい頃からジュース代わりに飲んでいますので、1リットルパックも2,3日で空になってしまいます。牛乳だけではなく乳製品も好きなので、いつも冷蔵庫には常備するように心がけています。

そんな子ども達ですが、同級生の子たちと比べると背は小さいほうなのです。さすがに小学校の高学年にもなると身長が低いことを気にし始めました。よく牛乳を飲むと身長が伸びるとかいわれていましたが、実際はそう関係がないようにも思います。

理由はシンプルでカルシウムだけでは身長は伸びませんし、牛乳だけでは十分なカルシウムを摂ることはできません。やはり色々な食材をバランス良く食べる必要があるからです。カルシウムの吸収を良くするための栄養素も必要になってきます。ですから食事のバランスにはいつも気を使っていて、色々な食材をしっかり食べるように、魚や肉もバランスを考えながら用意しています。

ですが特別身長が高いというわけではないということは、食生活だけでは身長は伸びないということです。体の成長を促すためには、成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンをしっかりと分泌させるためには適度な運動や早寝早起きが必須です。その点でも我が家の子ども達は条件は満たしています。夜遅くにテレビを観ることなんてまずありませんし、いつも決まった時間にはベッドに行くようにしています。家の中で遊ぶよりも外遊びが好きな子ども達なのです。

ただよく成長する子との比較をした場合に、どのような差があるかといえば、恐らく食事量の差とメニューの内容なのかと思います。我が家ではスナック菓子など太る食べ物はほとんど購入しませんし、洋食のようなカロリーばかり高いメニューも少ないです。外食ばかりで偏った食生活もしません。昔に比べても子ども達の体格がいいのは、食が洋食化が進んでいることも挙げられますので、規則正しい生活をして健康的な食生活の場合それほど身長が伸びないということも考えられます。

いつかは伸びるのだろうと期待をして、成長期の栄養サポートできる粉末のドリンクなども購入してみました。子どもは美味しくて気に入っているらしく毎日飲んでいますが、飲んだから急激に伸びるといったような兆候が見られることもありません。正直、どのようなことが身長の伸びに関係があるのかは迷走し始めています。最後に期待を込めて飲ませているものなので結果がどうなるか気になりますが、あまり焦らずに子どもの成長を見守ることも親には必要なのかなとも感じています。

息子の身長がついに100cm!

今日は息子の幼稚園で身体測定がありました。

息子は朝から張り切って、「しんちょうをのばすために、ぎゅうにゅうをのまなきゃ!」と、いつもは飲まない牛乳をガブ飲みしてから幼稚園に行きました(笑)息子よ、残念だけど今から飲んでも数時間で身長は伸びないよ…!

しかし息子が張り切るのにはちょっとした理由があるのです。うちの子が通っている園では毎月必ず身長と体重を計ってくれるのですが、我が息子はクラスの中ではかなりおチビちゃんな方。4月生まれなのにもかかわらず、20人くらいいるクラスメイトの中でも前から2~3番目くらいでしょうか。年中さんなので、もうほとんどの子は身長が100cmを越えているのですが、息子は99cmからなかなか伸びず、半年近く99cm台をキープしていたのでした。

息子は周りの子達がみんな100cm越えをしているのが羨ましくて仕方ないらしく、毎月身体測定の日になると、今度こそ100cmに届いているかとドキドキしては、夢破れて落ち込む、というのをかれこれ半年ほど繰り返していたのです。どうやら、クラスの好きな女の子も最近100cmを越えて、男としてのプライドも密かに傷ついているようです。幼稚園児でも身長とか気にするのね、とちょっと笑いそうになりましたが、本人の顔が深刻過ぎて、すんでのところで笑いをこらえました。

ちなみに先月測った時の結果は99.8cm。というわけで、今月こそは100cm越えを狙って、いつも以上に気合いが入っていたわけなのでした。

そして午後、幼稚園バスから降りてきた息子が私に開口一番言ったのが、「おかあさん!ぼく、1メートルになったよー!」という喜びの叫び。私も思わず嬉しくなって、その場で一緒にぴょんぴょん飛び跳ねてしまいました。(思い返すと先生や運転手さんもいたのでかなり恥ずかしい…)。だって今まで毎月、今回こそ届いたかと思えばやっぱりダメ…という挫折を味わってがっかりした息子を見ていたので、ついにやったぞ!と、まるで何年も浪人してやっと東大に受かった息子の母みたいな気持ちになってしまったのですよ。やったね息子!これで好きな女の子にも堂々と告白できるね!するのか知らないけど。

息子が誇らしげに見せてくれた身体測定票には、身長100.1cmの文字と、その横に「ついにやったね!おめでとう!」という先生からのメッセージがありました。きっと先生も毎月、がっかりする息子を見て気にかけてくださっていたのかと思うと、なんだかとってもありがたいなあと感じました。

産まれた時は50cmくらいだった息子が、5歳の今100cmになって。これから5年後、10年後にはどのくらいになってるのかな。私の身長も追い越す日が来るんだろうな、と思うと、今の小さな息子がなんだかたまらなく愛しくなり、1日1日を大切に過ごさなくちゃな、という気持ちがより強くなりました。

父親の身長越えがターゲット

我が家は2人の娘がいます。ちなみに父親である私の身長が162センチ、家内が170センチと遺伝上、どちらの血を引くのか非常に難しいところでした。

しかし、幼いころから最低限、父親の身長である162センチは越えようというのが当初の目標でした。
さらに幼いころから積極的にスイミングスクール、体操教室、さらにはクラシックバレエを習ってきました。おかげさまで本当にアスリートとしての体型を持つことになりました。
そして、そんな中でもクラシックバレエを本格的に取り組むようになり、身長もある程度必要になることになりました。

実際には、現在は高校生になった長女が160センチ、中学生の次女が160センチとそれなりに順調に大きくなりましたが問題は長女がこれからどれだけ伸びるかというところです。
これまでも幼いころからカルシウムいっぱいの子魚を食べてきましたし、牛乳も飲み続けてます。さらに夜に身長が伸びるということがわかると早めに就寝するなどいろいろな工夫を凝らしてきました。
しかし、今はこうした努力もさることながら、飲み物といっしょに混ぜて飲むサプリメントも活用することになっています。実際にこれがきいてくるのかどうかわかりません。特に長女に関しては次女以上に身長に関してはナーバスになっています。
バレリーナとして何とか165センチまでは身長を伸ばしたいという希望を持っている中、正直身長の伸びが止まっているのではないかという懸念を抱いているからです。

もちろん、幼いころから実行してきたことも継続していますし、そこに追加でサプリメントという形です。
このままでもなんとか当初の目標である父親のわたしの162センチは何とかぬきそうですが、バレリーナとしての目標である165センチに至るとなるとハードルは上がってきます。
今でも1週間に1回は私と背比べをしていますが少しずつ伸びてるのではないかと思います。ここ1年から2年が勝負です。
逆に全く心配がないのが次女のほうです。
特に中学に入ってからかなり慎重の伸びのスピードが上がっています。今でも少しずつ伸びていて、若干ですが長女よりも大きくなっています。
こうなると次女以上にクラシックバレエにかけている長女が焦りだすわけです。
しかし、こればかりはどうしようもありません。やるべきことはやっていますのであとは結果を待つのみです。将来、バレリーナとしての可能性をのばすためにももう少し長女の身長が伸びてほしいものです。
子供の身長